女性ホルモンを増やすためにどうする

By | 2016年11月8日

女性ホルモン減少すると

女性ホルモンが減少した場合、体には様々な影響が現れると考えられていて、特に生理に関するトラブルが増加してきます。
生理不順やPMSなどを起こしたり、不妊の原因になることもあり、その他にも体にむくみが起きたり、代謝が低下して太りやすくなると言われています。
女性ホルモンが減少した時には生活習慣病にかかるリスクも高まると言われていて、不眠の原因になったり、アルツハイマーを発症する確率も高まると考えられます。
また、肌や髪の毛の状態も悪化してしまうため美容にも悪い影響が出てきてしまいます。
体だけでなく精神的な部分にも女性ホルモンは関係しているものなので、減少することによってイライラしたり、不安感が大きくなるなど落ち着かない状態になるとも言われています。

女性ホルモンを増やす成分と食べ物

女性ホルモンを増やすために良いと言われる食べ物は、大豆イソフラボンを含んでいる大豆食品が代表として取り上げられることが多くあります。
その他にも女性ホルモンを増やす食べ物をチェックして、食事に取り入れるようにしたり、サプリメントで有効成分を摂取するようにしましょう。
ビタミンB群を多く摂るようにすると、女性ホルモンの代謝がよくなるとされているので、マグロやカツオを食べることはお勧めです。
アーモンドなどを含むナッツ類はビタミンEが豊富で、女性ホルモンの分泌を整える働きを持っています。
女性ホルモンを増やすためにはアボカドやココナッツオイル、卵黄などの栄養が豊富に含まれている食べ物も良いと言われているので摂るようにしてみましょう。

女性ホルモンとイソフラボンが良い理由

女性ホルモンを増やしたり、働きをサポートするためには大豆に含まれるイソフラボンと呼ばれる成分が良いと言われています。
大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと構造や働きが非常によく似ているので、女性ホルモンが減少してしまった時に摂ることがお勧めです。
女性ホルモンのエストロゲンは、生理サイクルを整えたり、肌や髪の毛を美しくしたり、動脈硬化や生活習慣病の予防もできるとされています。
また、骨を丈夫にしたり自律神経のバランスを整えることも解っているので、女性ホルモンの減少によって体調不良を起こしている時にはぴったりです。
大豆イソフラボンは味噌や納豆、豆腐、豆乳などの大豆食品に含まれているので、これらの食品を摂るように心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です