関節の痛みの原因と予防方法を考える

By | 2017年2月22日

関節の痛みの原因

年齢とともに一番痛みが出やすい箇所が関節です。
関節の痛みの原因となるものは、この老化によって軟骨が擦り減った事による痛みが一番多いと言われています。
病名で言うと変形性関節症と呼ばれており、年齢を重ねていけば皆さんに起こる事であり、予防をする事が大切なのです。
他の関節痛の原因となるものはスポーツをする事による関節障害です。
本格的にしていなくても、同じ関節をよく使うため軟骨が消耗しやすい点があります。
さらに変形性関節症と並んで多いのが関節リウマチです。
関節リウマチは歩きすぎや使いすぎなどで関節に炎症ができた時、治そうとする自己免疫システムが過剰になっている症状の事です。
いわば花粉症やアレルギーと同じような事が関節で起きていると考えれば分かりやすいでしょう。

関節の痛み予防

関節は年齢とともに軟骨が劣化し痛みが出てくるものですが、普段から気をつける事で予防する事が可能です。
スポーツなどで、関節を酷使し過ぎるのも痛みの原因ですが、かといって運動不足も膝をはじめ関節が弱まる原因となります。
ですからスポーツをする時にはきちんとストレッチし、柔らかくしてから行う事が大切です。
また、運動不足で関節痛が早まるのは周りの筋力低下によるものです。
特に膝は、おしりや内腿などに筋肉がついていれば体重を容易に支えられますので、関節周りの筋肉は非常に大切なのです。
ウォーキングなど日頃から軽い運動で筋力を維持しましょう。
その他にも肥満にならないように気をつける、冷えないようにする事や正しい歩き方を心がけるのが重要です。
また、同じ姿勢ばかりを取らないのもポイントです。

関節の痛み予防に良い成分とは

関節の痛みの予防には様々な成分が注目されています。
まずはタンパク質と結びついて体組織に水分や弾力を与えているのがコンドロイチン硫酸です。
老化によって体内での合成が追いつかなくなるので積極的に摂りましょう。
コンドロイチンはネバネバした山芋や納豆に含まれます。
さらに軟骨の主成分であるグルコサミンもネバネバした山芋やオクラ、ウナギなどに含まれており、関節の炎症を抑える働きを持っています。
軟骨成分でさらに注目なのはプロテオグリカンです。
またコラーゲンやヒアルロン酸は体の中のあらゆる所に存在し、潤滑油の役割を担っていますので、関節痛の予防には欠かせない成分です。
そして筋肉を作るのに大切なタンパク質や体を温めて血液の循環を良くするしょうがや唐辛子、よもぎなども注目の成分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です